2017年04月30日

グリマーマン

グリマーマン [DVD]

★★☆☆☆
ロサンゼルスで発生した連続殺人事件の捜査に、ニューヨークからコール刑事が派遣されてくる。
地元の刑事ジムとコンビを組んで捜査を始めるが、なぜか資料が存在しないコールの過去が、事件と深く関わっていることが判明する。


磔に見立て殺される、連続猟奇殺人事件というサイコサスペンス調で始まるが、なんだかんだで結局最後は、いつもの無敵セガールアクションで終わる作品。

セガール演じるコール刑事は、一介の平刑事なのに、全く包み隠さない、匂い立つ胡散臭さがセガール作品っぽさを感じさせる。
どこに売っているか分からない宗教家のような詰襟に、チベットの数珠ネックレスを身につけ、中国語が堪能で中国漢方の店主と顔見知りで、しかも漢方にも詳しく、素手では滅法強いとか。
なんかもう演技ではなく、セガール自身なんじゃないかというか、そんな設定盛り盛りの役柄で、舞台設定とか色々説明されるが観ているうちにーーついていけない、どうぞご自由に、なるようになれーーと考えるの放棄させてしまう、ある意味、頭空っぽになる作品。
タグ:★2
posted by Hiroaki at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カ行

オースティン・パワーズ:デラックス

オースティン・パワーズ:デラックス<DTS EDITION> [DVD]

★☆☆☆☆
宇宙空間で冷凍催眠となっていた、悪の帝王Dr.イーブルが復活し、再び世界征服を目論む。
オースティンの妨害を阻むため、発明したタイムマシンで1969年に向かい、冷凍催眠中のオースティンから、彼のパワーを生み出すためのモジョを盗み出す計画を進める。


主人公オースティンの全裸股間隠しオープニングから始まることでよく分かるように、七割方、幼稚で下品なネタ。
また、主人公オースティンを吹き替えする声優山寺が悪ノリのように何役もこなし、ふざけているような雑で奇妙な発声による吹き替えもあって、驚くほど笑えない……どこを面白がればいいのか。

世界征服は雑に回避し、敵ボスのDr.イーブルも倒さない、本作で全く解決に向かわない結末は、いくら何でも酷すぎないか?
呆れてしまう。
タグ:★1
posted by Hiroaki at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ア行

2017年04月29日

ジェイソン・ボーン

ジェイソン・ボーン [DVD]

★☆☆☆☆
世間から姿を消して生活していた、ジェイソン・ボーンの元に、かつてCIAの同僚であったニッキーから接触があった。
彼女は、CIAが計画する全世界を監視する極秘プログラムの存在と、ボーンにまつわるある情報を告げる。
情報をきっかけに再び動き始めるボーンと、機密を守るためCIAエージェントもボーンを追跡を始める。


ああ、またかと。
きっと制作側が本シリーズの特長だと勘違いしている「常時手ブレ映像」は決して売りではないのでしょうに。
会議シーンさえユラユラ揺れるカメラワーク。
手ブレ演出なんて他作品でもまあ見飽きたし、一番の問題はやはり酔うし、もうたくさんだ。

もしかしてスタッフは、シリーズを重ねるあまり、ジェイソン・ボーンシリーズ、特に1作目で生み出せたインパクトを、とうの昔に置き忘れてしまったのではないか?
普通というよりむしろボォーっとした青年が、映画的な魅せるアクションではなくリアル寄りの瞬殺アクションを繰り出し、周囲を巻き込みぶつかりながらでも前進する泥臭いカーアクションを行う、実は凄腕の工作員だったという意外性が本シリーズの特長だと思っている。
本作にそんな意外性はなく、ただの地味なアクション作品となってしまっている。
そのアクションシーンも、必要以上に細かいカット割り+手ブレ映像により、もはや何をしているか説明する気もない、とにかく何がなんだが分からないシーンが多発し、ダレてくる。

ストーリー的にも、続編のための取って付けたような設定に感じられてしまい、ボーンがそこまで追求したい気持ちが伝わらなので、恐ろしく集中できない。
マット・デーモンのシリーズ復帰?はいいことなのか…?
タグ:★1
posted by Hiroaki at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サ行

ジェームス・ブラウン 最高の魂(ソウル)を持つ男

ジェームス・ブラウン~最高の魂(ソウル)を持つ男~ [DVD]

★★★☆☆
ミュージシャン、ジェームス・ブラウンの子供自体からミュージシャンとして成功するまでの、半生を描いた伝記映画。


ご本人の前知識は、ほぼゼロ。
映画ブルースブラザーズで歌を聞いたくらい?

人間的な面では善人、または喜怒哀楽がはっきりした人というくらいに描かれているが、ちょっと調べたwikipediaでは、もっと色々事件があり、幾度も警察のお世話になっていると分かる。
あくまでwikipediaなので、どこまで正確かどうか分からないが……
スキャンダル的なことは控えめに描いているのか。

コンサートと、主にバンドメンバーと家族の人間関係を広く浅く描き、破天荒加減はほぼ描かれていない。
元々生い立ちについて明るくないので、観終わって「そうなんだ〜」という感想しかないか。
タグ:★3
posted by Hiroaki at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サ行

2017年04月25日

ハムナプトラ/失われた砂漠の都

ハムナプトラ/失われた砂漠の都 デラックス・エディション [DVD]

★★☆☆☆
自分が優秀だと勘違いした、自意識過剰な学者女が発端で巻き起こる騒動。
主人公の性格が軽いから作品全体としては重くなっていないけど、ライトな演出の割に、よくよく考えると犠牲となった人間は半端なく多い。
犯罪者としてミイラとされた件も、殺され方が結構エグい。
タグ:★2
posted by Hiroaki at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行

2017年04月21日

アイアン・フィスト

アイアン・フィスト [DVD]

★★☆☆☆
舞台は19世紀、中国の叢林村では、猛獅会と群狼団という二つの武装グループが敵対していた。
そんな中、土地を納める総督から猛獅会に、金塊運搬の護衛依頼が来るが、仲間に裏切られ首領が殺されてしまう。


妙に縦に長く伸びた映像や、筆書きの役者名の表示など、ちょくちょく昔の香港映画をリスペクトする演出を挟むが……
うーん……これってダダ滑りしてないか?

中身もあくまで香港映画風でしかないので、技のキレなんて比べるわけもなく、ふわふわワイヤーアクションばかり悪目立ちする。

ストーリーも香港映画にありがちな復讐という王道なのだが、やはりアクションのキレがあってこそ盛り上がる王道ものなんだなという印象。
タグ:★2
posted by Hiroaki at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ア行

2017年04月16日

インクレディブル・ハルク

インクレディブル・ハルク(1枚組) [SPE BEST] [DVD]

★☆☆☆☆
科学者ブルースは研究中の事故により、心拍数がある一定の数値を超えると、緑色のモンスターのハルクに変身する特異体質となってしまった。
ブルースは、ハルクの力を軍事兵器へ転用しようとする軍からブラジルに身を隠し、なんとか変身を制御できないか、メールで連絡をとる協力者とともに自らの身体で実験を繰り返していた。
ある出来事から軍に居場所を察知され、ハルク捕獲を任務とする特殊部隊がブルースに迫る。


いかにしてモンスターハルクが誕生したかという、きっかけのエピソードは本作にはない。
本作について調べてみると、ハルクの生い立ちを説明するビギンズ的な作品でもなく、かといって直接の続編扱いでもない?不思議な立ち位置の作品らしい。
なので、ハルクってどう誕生したか知ってるよね?という予備知識ありの前提で序盤ストーリーが進む。

アベンジャーズを観ていても、ハルクについてもうそりゃあ全く魅力を感じていないため、本作は観てもほぼ合わないだろうと思っていたので鑑賞はしていなかった。
なんとなく今回鑑賞したが……
やはり無理。
ハルクはやはりただCGで暴れるだけ、画面が派手でも退屈。

ハルクは思考して行動を制御できない、野生動物のような扱い。
ただキャラクターが条件反射的に暴れ、街を破壊するシーンをひたすらCGで描くハルクのどこに魅力を感じればいいのか、さっぱり分からない。
タグ:★1
posted by Hiroaki at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ア行

ICHI

ICHI -市- [DVD]

★★☆☆☆
単身で旅をする盲目の女、市。
ある日、ごろつきの男達に囲まれ脅されていたところ、そこに現れた藤平十馬という侍が仲介に入る。
金銭で解決しようとした十馬だが、ごろつき達は開き直り、女と金銭の両取りを要求する。
交渉が決裂し斬り合いとなるが、十馬は手が震え刀が抜くことができない。
そのまま斬られてしまうかと思った瞬間、市の仕込み杖はごろつき達を一斬のもとに切り捨てるのだった。


綾瀬はるか主演の女版座頭市。

うーん、まあ心配していた予想通りのストーリー。
何をやっても、本家は元より北野版は超える要素がないよなあと。
殺陣はもっと酷いものを予想していたので、そういう意味では予想より上。
ただし、予想より上っていうだけで、特段優れているわけではない。

「小汚い格好したの連れて来やがって」←いやいやいや……でも、顔はつるっつるで埃ひとつ付いてないよ!っていう違和感が酷い。
こんな感じで、元から時代劇を真面目に作る気はなく、なんとも漫画的で流し見したくなる展開と、存在感ペラペラの深みがない雑なキャラクターに感情移入もくそもなく、こんな浅い設定で時代劇撮ってもねえ、という感想で終わる。
タグ:★2
posted by Hiroaki at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ア行

2017年04月15日

レゴバットマン ザ・ムービー

レゴ(R)バットマン ザ・ムービー(初回仕様/デジタルコピー付) [DVD]

★★★★☆
前作に引き続きレゴらしさを表現するため、コマ落としのように動くキャラクターと画面の奥行のある素早い動きが重なり、あまりの画面の目まぐるしい動きに、一瞬何をしているのか分からないシーンもある。
序盤にツカミのアクションシーンでこのように感じるため、最後まで観れるか大丈夫かなと感じるが、序盤以降は落ち着いたシーンもあるのでご安心を。

レゴという子供向けに見える題材なのだが、バットマンに認められたいという歪んだ愛情を持つジョーカー、悪役あってこそのヒーローで平和になってしまうと役割がなくなってしまうという微妙な立場のバットマンなど、内容の深いところは大人向けの感じ。
タグ:★4
posted by Hiroaki at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラ行

2017年04月13日

パラノーマン ブライス・ホローの謎

パラノーマン ブライス・ホローの謎 [DVD]

★☆☆☆☆
少年ノーマンには、人とは違う能力があった。
それは、死者が見えて、しかも会話をすることもできること。
はたから見ると独り言にしか見えないこの能力により、街の変わり者として家族やクラスメイトから疎まれていた。
ある日こちらも変わり者と噂されている叔父より、街にかかっている魔女の呪いを解いてくれと依頼される。
一度は断るが、霊となってまで現れた叔父に頼まれ、願いを聞いてしまう。


それはもう、凄い駄作……
駄作すぎてストーリーに全く集中できない。
ストップモーションを使って手間かけて、この出来では泣きたくなるのでは。
……まあ実はストーリーも大したことなくて、浅っさい子供だましの内容なので、集中する価値は見いだせはしないが。

そもそもホラー調ってのが、致命的な間違いではないか。
どこかコミカルで可愛げが出てしまう、ストップモーションという手法をわざわざ用いて、ゾンビマニアのスタッフのゴリ押しでもあったのか、なぜゾンビなのか?
人形のゾンビなんて不気味さや恐ろしさがないし、かといってストップモーションの可愛さもない……
本当になぜ?なぜ?とハテナで終わる。
タグ:★1
posted by Hiroaki at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行

2017年04月09日

ビッグ・リボウスキ

ビッグ・リボウスキ [DVD]

★★☆☆☆
無職でだらけた生活を送る、ジェフ・リボウスキ。
本人はリボウスキの名が気に入らず、仲間にはデュードと呼ばせている。
そのデュードが、ある日自宅にいると、同姓の裕福なリボウスキと間違えた強盗に押し入ってきた。
大きな損害はなかったものの、家の敷物が強盗に汚されてしまう。
趣味のボウリング仲間に理不尽な出来事を話したところ、仲間とともに裕福なリボウスキに損害の弁償をさせようと乗り出すことに。


日常に突如現れたトラブルを、怠惰な主人公リボウスキとヒステリックな退役軍人の友人が、ボウリングの試合と練習の合間にその場しのぎでだらだらと行動していたら、なんとなく解決する話。

突然巻き込まれ難しく解決ができないように思えた出来事だが、終わってみれば何てことないトラブルだった、そんな感じ。

目まぐるしい激しい出来事はなく、主人公に引っ張られ、ストーリー全体がだらだらした印象になっている。
特に主人公は解決しようと努力はせずに、だらだらとしているだけなのに、なんとなく解決の方向に進んでいくという不思議な感じ。
実はこんな人生も悪くないかもしれない。
タグ:★2
posted by Hiroaki at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行

2017年04月08日

キングコング:髑髏島の巨神

キングコング:髑髏島の巨神 ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]

★★★☆☆
米ソ冷戦時代、人工衛星による地表の撮影が現実となりつつあったころ、ある未知の島が発見された。
米国政府特務機関モナークでは、他国に先立って島を調査すると目的で研究者が所属する調査隊は米軍ヘリ部隊とともに現地へ向かう。


立川シネマシティ極上爆音上映で鑑賞。

前に観た2006年版キング・コングと比較すると、汚れた毛並みなどゴリラ感がレベルアップしていた。
アクション中心というより、アクションのみで構成された作品といった配分。
キングコングのCGも問題なくリアルで、他の巨大生物と闘うスケール感を魅せる派手なアクションがあるが、なんか面白くない……

人間ドラマパートに深みがなさ過ぎて、鑑賞が辛い。
あまりに各キャラクターが薄すぎて、中国市場を意識したキャスティングされたと思われる女優の違和感ばかり酷く目についてしまう。
未開のジャングルを進むサバイバル生活を送っても、汚れひとつないバッチリメイクの中国人女優……あまりに媚びが酷くないか?

やはりアクションは、厚みのあるキャラクター、良いストーリーありきなのだなと。
タグ:★3
posted by Hiroaki at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カ行

2017年04月04日

キング・コング

キング・コング [DVD]

★★☆☆☆
売れないが、とにかく自信家の映画監督のカール・デナム。
ヒット作に恵まれないカールは、かつてない映画を撮ることを夢見て、会社上層部や警察の追跡をまいて、存在が噂される未開の島「髑髏島」を探す航海へ出航する。
航海の末に辿り着いた髑髏島で撮影を開始するが、主演女優アンが原住民に攫われてしまう。
乗組員はアンを救うため島の奥地へ向かうが、そこは想像を超えた生物達が生息する島だった。


なんか無駄になげぇなあ〜と、今上映時間を見てみたら……なんと3時間超え!
なにこれ“超”大作のレベルじゃないか!
だが、やってることは、なんでも詰め込んでしまえ的な、CGビックリ箱のような、ストーリーより映像で驚かせる類の内容で、大作とは言い難い。
原住民、恐竜、昆虫、キング・コング……
恐竜って、ジュラシック・パークかよと。
幾らなんでも要素詰め込み過ぎ。
それら敵対生物と、人間は銃で戦い、キング・コングはプロレスのような殴り合いをする。
それもいちいち長い!
キング・コングVS恐竜なんて、コングが力一杯殴ってもなかなか倒せないので、同じような攻防の繰り返しを延々と見せられて、はよ先に進め!とアクションなのに退屈してしまう。
どの場面もやはりCG感が凄くて、何を見せられても現実味が皆無。
結局最後まで危機感を感じられなかったし、登場人物の行動や驚きには、感情移入もできなかった。

そうか本作の監督は……私の中で無駄に長くて苦行にも感じられた、悪名高きロード・オブ・ザ・リングの監督か……
無駄に長くするクセ、変わってない。
本作の後に制作した「ホビット」だとそんなに長さは感じなかったのだが、本作はダラダラと長くて観るのキツイ辛い疲れる。
タグ:★2
posted by Hiroaki at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カ行

2017年04月03日

山猫は眠らない6 裏切りの銃撃

山猫は眠らない6 裏切りの銃撃 [DVD]

★★★☆☆3.5
中東の過激派組織と日々戦う、米海兵隊の狙撃手ブランドン・ベケット。
今回の任務では、西ヨーロッパへ天然ガスを送るパイプライン関連人物の護衛を任される。
その任務中、仲間の狙撃手がピンポイントで見つかり、敵スナイパーによって射殺される。
仲間の隠れ方は完璧だったため、ブランドンは内通者の存在を疑い始める。


スナイパーに焦点が当たるシリーズで、本作も敵味方の狙撃手メインで話が進む。
狙撃手なので、目の前で銃弾が飛び交うなか身体を動かして活躍する肉体派の派手さはないが、敵を一発必中で仕留めていくいぶし銀の活躍は、見ていて退屈しない。

不満点があるとすれば、“狙撃”がメインなんだから、狙撃手とコンビを組んでいる観測手の活躍も見たかった。
本作の観測手は、作戦中言葉もろくに発しないため、敵から狙われているという緊迫感を与えるための、ただのヤラレ役のような扱いに見えてしまったのが残念。


↓以外ネタバレ注意!

続きを読む
タグ:★3.5
posted by Hiroaki at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤ行

2017年04月02日

LEGOスーパー・ヒーローズ:ジャスティス・リーグ〈ゴッサム大脱出〉

LEGO(R)スーパー・ヒーローズ:ジャスティス・リーグ<ゴッサム大脱出> [DVD]

★★☆☆☆
ゴッサム・シティの治安を維持するため、日夜悪党と戦っているバットマン。
ジャスティス・リーグのヒーロー達は、働き過ぎのバットマンに休暇をプレゼントする。
ジャスティス・リーグのヒーローにゴッサム・シティを任せ、バットマンは用意された休暇先へ向かう。


ゴッサム・シティと、バットマンの旅先でゴタゴタが同時進行し、なんか全体的にストーリーがゴチャゴチャする。
楽しめなかった。
旅先の自然が多い風景は、レゴブロックとして表現する幅が少なく、レゴである魅力が半減してしまっている。

ヒーロー・悪役とともに、各キャラクターの魅力が十分発揮できていないような、全体的に中途半端な作り。
やはりキャラクターが多すぎると、活躍する場面を増やすため小さいエピソードの積み重ねでしかなくなり、もっとメインキャラを絞り掘り下げたほうが、話として面白いのではないかと。
タグ:★2
posted by Hiroaki at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラ行

LEGOバットマン:ザ・ムービー〈ヒーロー大集合〉

LEGO(R)バットマン:ザ・ムービー<ヒーロー大集合> [DVD]

★★★☆☆
時期大統領選に出馬を表明している、レックス。
あらゆる非合法な手を使ってでも大統領となりたいレックスは、ジョーカーの手を借りるためジョーカー脱獄計画を立てる。


バットマンVSジョーカーをベースに、ロビンやスーパーマンがストーリーに絡み、カメオ出演レベルのちょい役で、その他ジャスティスリーグのヒーローや、バットマンのその他悪役が登場する作品。
音楽もバットマンベース。
お馴染みのバットマンテーマ曲が流れると、否応無しにバットマンシリーズ感が出るなあと。

少し前にスーサイド・スクワットを観ていたので、バックストーリーを理解できる悪役が増えていた。
もしかすると、退屈・しんどさが半端なかったスーサイド・スクワットの唯一の収穫かもしれない。
あと、実写版よりグリーンランタンが頼もしく、有能なキャラクター扱いなのが、なんかムズムズする。

話としては、可もなく不可もなくといったところか。
レゴという素材も相まって、ちょこちょことした細かい動きやレゴブロックネタが、相変わらず微笑ましく、安定した可愛いらしさが感じられる内容となっている。

ちょくちょく登場する、ニワトリのレゴパーツや化学薬品を表すブロックパーツが、コロコロ丸くて可愛い。
ニワトリパーツ欲しい。
タグ:★3
posted by Hiroaki at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラ行

2017年04月01日

Hardcore Henry

Hardcore Henry (Blu-ray + Digital HD)

★★★★★
気付くと近代的な研究施設にある、医療設備のような水中にいて、意識は混濁している。
何度か意識の波があり、ついに覚醒する。
その場にいた女性、エステルが言うには、自分はヘンリーと呼ばれる人物らしい。
事故により損傷していた身体を回復させていて、これから手足に機械の手脚が取り付けるという。
その後、声帯を取り付ける準備中、謎の組織の襲撃を知らせるアラートが研究施設に鳴り響いた。


GoProカメラで撮影した自分視点のみ、最近のFPSゲームのような映像で全編制作されたという、実験的な映像の意欲作らしい意欲作。
過去鑑賞した作品の一部分でこのような視点を描くことは観たことはあるが、全編通してこの視点のみで作ってしまった作品は記憶にない。
この視点のみで制作してしまう大胆さと、スピード感に溢れ次々と現れる新鮮な映像には、評価として5点つけざる得ない。

いやあ、この視点は確かに凄い迫力・臨場感・目新しい。
だが臨場感と引き換えに……まあとにかく疲れる疲れる!
映像の手ブレなどはよく調整してあると感じるが、どうしても後半付近には、3D酔いのようなものがくる。
観終わった感想として、面白い面白くない以前に、まずは疲れた〜という感想を発してしまうくらい、少し気分も悪くなりぐったり。
酔いを除けば、臨場感と目まぐるしい展開自体は、文句なしに楽しい。


↓以外ネタバレ注意!

続きを読む
タグ:★5
posted by Hiroaki at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行

S.W.A.T. 闇の標的

S.W.A.T. 闇の標的 [DVD]

★☆☆☆☆
デトロイト市のSWATチームに、教官として短期派遣されていたポール。
指導するSWATチームと共に出動した人質救出作戦で一般人に犠牲を出してしまう。
ポールとSWATチームは、犯人に逆恨みされ、その後つけ狙われる。


文句なしのお見事!な評価1点の作品。
信じられないほど高い自己評価と、分け隔てなく俺様態度が発動している、クソみたいな主人公。
こいつのせいで犯人に逆恨みされて、こいつのせいで被害が拡大しただけ、そんな内容のない話をまあグダグダと……よく作品にしたなと、いい加減にしろと。

SWATの人質救出作戦に失敗して被害者を出したにも関わらず、コロッと忘れ、女にちょっかい……
うーん、全く感情移入できないし、尊敬できる面が全く見えない。
なぜ我が強そうなあのSWAT隊員たちは、外部から助っ人に来たこのポッと出の新参者教官を認めたのか、サッパリだ。

それにしても題名に「SWAT」がつく作品て、ハズレ多いような……
気のせい?
タグ:★1
posted by Hiroaki at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サ行