2017年04月13日

パラノーマン ブライス・ホローの謎

パラノーマン ブライス・ホローの謎 [DVD]

★☆☆☆☆
少年ノーマンには、人とは違う能力があった。
それは、死者が見えて、しかも会話をすることもできること。
はたから見ると独り言にしか見えないこの能力により、街の変わり者として家族やクラスメイトから疎まれていた。
ある日こちらも変わり者と噂されている叔父より、街にかかっている魔女の呪いを解いてくれと依頼される。
一度は断るが、霊となってまで現れた叔父に頼まれ、願いを聞いてしまう。


それはもう、凄い駄作……
駄作すぎてストーリーに全く集中できない。
ストップモーションを使って手間かけて、この出来では泣きたくなるのでは。
……まあ実はストーリーも大したことなくて、浅っさい子供だましの内容なので、集中する価値は見いだせはしないが。

そもそもホラー調ってのが、致命的な間違いではないか。
どこかコミカルで可愛げが出てしまう、ストップモーションという手法をわざわざ用いて、ゾンビマニアのスタッフのゴリ押しでもあったのか、なぜゾンビなのか?
人形のゾンビなんて不気味さや恐ろしさがないし、かといってストップモーションの可愛さもない……
本当になぜ?なぜ?とハテナで終わる。
タグ:★1
posted by Hiroaki at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行