2017年04月30日

グリマーマン

グリマーマン [DVD]

★★☆☆☆
ロサンゼルスで発生した連続殺人事件の捜査に、ニューヨークからコール刑事が派遣されてくる。
地元の刑事ジムとコンビを組んで捜査を始めるが、なぜか資料が存在しないコールの過去が、事件と深く関わっていることが判明する。


磔に見立て殺される、連続猟奇殺人事件というサイコサスペンス調で始まるが、なんだかんだで結局最後は、いつもの無敵セガールアクションで終わる作品。

セガール演じるコール刑事は、一介の平刑事なのに、全く包み隠さない、匂い立つ胡散臭さがセガール作品っぽさを感じさせる。
どこに売っているか分からない宗教家のような詰襟に、チベットの数珠ネックレスを身につけ、中国語が堪能で中国漢方の店主と顔見知りで、しかも漢方にも詳しく、素手では滅法強いとか。
なんかもう演技ではなく、セガール自身なんじゃないかというか、そんな設定盛り盛りの役柄で、舞台設定とか色々説明されるが観ているうちにーーついていけない、どうぞご自由に、なるようになれーーと考えるの放棄させてしまう、ある意味、頭空っぽになる作品。
タグ:★2
posted by Hiroaki at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カ行

オースティン・パワーズ:デラックス

オースティン・パワーズ:デラックス<DTS EDITION> [DVD]

★☆☆☆☆
宇宙空間で冷凍催眠となっていた、悪の帝王Dr.イーブルが復活し、再び世界征服を目論む。
オースティンの妨害を阻むため、発明したタイムマシンで1969年に向かい、冷凍催眠中のオースティンから、彼のパワーを生み出すためのモジョを盗み出す計画を進める。


主人公オースティンの全裸股間隠しオープニングから始まることでよく分かるように、七割方、幼稚で下品なネタ。
また、主人公オースティンを吹き替えする声優山寺が悪ノリのように何役もこなし、ふざけているような雑で奇妙な発声による吹き替えもあって、驚くほど笑えない……どこを面白がればいいのか。

世界征服は雑に回避し、敵ボスのDr.イーブルも倒さない、本作で全く解決に向かわない結末は、いくら何でも酷すぎないか?
呆れてしまう。
タグ:★1
posted by Hiroaki at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ア行