2017年04月16日

ICHI

ICHI -市- [DVD]

★★☆☆☆
単身で旅をする盲目の女、市。
ある日、ごろつきの男達に囲まれ脅されていたところ、そこに現れた藤平十馬という侍が仲介に入る。
金銭で解決しようとした十馬だが、ごろつき達は開き直り、女と金銭の両取りを要求する。
交渉が決裂し斬り合いとなるが、十馬は手が震え刀が抜くことができない。
そのまま斬られてしまうかと思った瞬間、市の仕込み杖はごろつき達を一斬のもとに切り捨てるのだった。


綾瀬はるか主演の女版座頭市。

うーん、まあ心配していた予想通りのストーリー。
何をやっても、本家は元より北野版は超える要素がないよなあと。
殺陣はもっと酷いものを予想していたので、そういう意味では予想より上。
ただし、予想より上っていうだけで、特段優れているわけではない。

「小汚い格好したの連れて来やがって」←いやいやいや……でも、顔はつるっつるで埃ひとつ付いてないよ!っていう違和感が酷い。
こんな感じで、元から時代劇を真面目に作る気はなく、なんとも漫画的で流し見したくなる展開と、存在感ペラペラの深みがない雑なキャラクターに感情移入もくそもなく、こんな浅い設定で時代劇撮ってもねえ、という感想で終わる。
タグ:★2
posted by Hiroaki at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ア行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180799949
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック