2017年03月07日

ワイルドなスピード! AHO MISSION

ワイルドなスピード! AHO MISSION [DVD]

★☆☆☆☆
タイトルはくだらなくて、実はなんか好き。
ワイルドスピードのパロディ作品。
改造車レース、仲間意識、車を使った犯罪計画などのいち要素のパロディではなく、ワイルドスピードそのものストレートなパロディ。

まあ、なんというか、ストーリーで特に言うことはない。
ベタ過ぎて、残念ながらコメディとしては笑えるシーンはなかった。

それにしても……
走り屋のボスが、顔、身体つきが、カリスマ兄貴ヴィン・ディーゼルに少し似ていて、なんか腹立つ。
ふと似てて腹立つ。
タグ:★1
posted by Hiroaki at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワ行

2016年09月23日

ワイルドカード

ワイルドカード [DVD]

★☆☆☆☆
凄い!
凄いつまらない!!
凄い内容が無い!!

ギャンブル中毒のジェイソン・ステイサムが、カジノやバーでグダグダする話。
闘えば強いんだぞ!銃なんて使わなくても身の回りの道具で戦っても強いんだぞ!って言われても、知らんがな…
雑魚敵倒すのに無駄に時間かかってるし、銃を使わないポリシーなんて視聴者にはどうでもよくって、なんでこんなにグダついてる?という感想にしかならない。
タグ:★1
posted by Hiroaki at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワ行

2016年02月20日

ワイルド・タウン/英雄伝説

ワイルド・タウン 英雄伝説 コレクターズ・エディション [DVD]

★★★☆☆
米軍特殊部隊を除隊したクリス・ボーンは、20年ぶりに、製材業で栄えた故郷の小さな町に戻った。
しかし、製材工場は閉鎖され、替わりにカジノが繁盛し、堂々とドラッグ売買が行われているような、町に様変わりしていた。


潔く短い80分の作品なので、余計な脇道に反れるような蛇足もなく、サクッと観終わるのは良い。
実在保安官をベースにした物語ということで、どこまでベースなのかは分からないが…
たとえ小さな田舎町だとしても、そこを牛耳っている支配者相手に一人で立ち向かうなんて、本人の実力もあるとは思うが、一番の要因は運が良さが半端ないとしか思えない。

町の浄化に向けて動いたり、支配者に歯向かったりすれば、家族もろともあっさり殺されて、街はそのままって結末の方が逆に現実味がある。
ランボー並みに単独で暴れまくり、ほぼ一人で腐敗した町を浄化したなんて、どう考えても信じられない。
仮に一時的に勝利したとしても、すぐ血で血を洗うような、泥沼の闘いになる未来しか見えないよなあ。
本作のようにサクッと解決しましたという結末は、まあ納得できない。
タグ:★3
posted by Hiroaki at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワ行

2015年09月05日

ワイルド・スピード SKY MISSION

ワイルド・スピード SKY MISSION [DVD]

★★★★★
ワイルド・スピードシリーズを全て鑑賞しているが、最新作がまさかここまで娯楽大作になっているとは、思わなかった。
改造車を乗り回し、何かしら盗難とかするんでしょと、走り屋に毛が生えたストーリーを想像していたが、そのスケールを超えていた。

車のままスカイダイビングという、おバカ(褒め言葉)で派手な予告だったので、予告が一番面白いというパターンをかなり心配していた。
しかし、予想を大きく裏切り、予告はほんの一部でアクションにつぐアクションが盛り込まれている。
もうこれはカーアクション映画ではない。
ライバルはスパイ映画というスケールになった、荒唐無稽なカーアクションの数々に鑑賞後しばらく動けなくなる。

カーアクションが凄いのはもちろん、撮影途中で急逝したもう一人の主人公、ポール・ウォーカーへの追悼がそこかしこに溢れていて、アクション作品であるのにも関わらず、込み上げてくるものがある。
エンドクレジットに名前を示すだけではない、過去シリーズ作品を振り返りつつ、ここまでストーリーを絡めてくる深い追悼は見たことがない。
最後、ポール・ウォーカーの愛車スープラを登場させた別れの演出は、粋な上、出演者同士の深い繋がりを感じさせ、思い出しても震えがくる。
インタビューから主演ヴィン・ディーゼルの本シリーズへの想いを知っていたので、余計感慨深い。

ポール・ウォーカーの代役を立ててでも完成させてくれた製作者に感謝したいくらい、これは劇場で観ればよかったと、後悔するレベルの素晴らしい完成度。
映像特典も盛り沢山で、堪能させてもらった。
タグ:★5
posted by Hiroaki at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワ行

2015年03月17日

ワールド・オブ・ライズ

ワールド・オブ・ライズ 特別版 [DVD]

★☆☆☆☆
主演はレオナルド・ディカプリオ。
オールバックにしても、あご髭を生やしても、どうも童顔に見えてしまうので、やはり苦手だと、あらためて感じた。
どんな役でも、渋く見えないんだよなあ。

終始ゴタゴタが続き、ストーリーもモヤモヤしていて、エンディングでも爽快感が全くない。
疲れた。
どこを見ればいい作品なのか、なんだか分からなかった。
タグ:★1
posted by Hiroaki at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワ行

2014年04月27日

藁の楯 わらのたて

藁の楯 わらのたて(通常版)  [DVD]

★★★★☆
終盤、進行スピードが遅くなり飽きてきたが、全体的にはそこそこ面白かった。
犠牲になってまで凶悪犯を護り通す、SPの気持ちは全く分からないけど。
まあ道中の中盤まで護ったなら、意地と惰性で最後まで護る気持ちなのかもと思わないでもない。

藤原竜也演じる凶悪犯の、救い様のないクズっぷりが凄い。
途中で変に改心されてしまうと、警護チームの葛藤があやふやになってしまうから正しいとは思うけども、本当にクズ、隙あればクズだった。
個人的に藤原竜也は、漫画原作のような極端な設定の方がもっとしっくりきて、安心して観られる気がする。
タグ:★4
posted by Hiroaki at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワ行

2014年01月26日

ワールド・ウォーZ

ワールド・ウォーZ  [DVD]

★★☆☆☆
世界に得体のしれないなにか異変が起き始めていた。
かつて国連で働いていたジェリーは家族とマイカーで街中を移動中に暴動のような騒ぎにあい、混乱へと巻き込まれていく。
国連は優秀な職員だったジェリーへの協力を打診してきたが、家族を近くで守りたいがため一度は断る。


まるでイナゴの大量発生のように、大群で訪れる天災レベルの個人の力では対処しようもない数の力を描きたかったんだろうとは思う。

残酷なシーンを見せない演出で、数を出すことにこだわりがあるようで、どんなゾンビも一塊りに見えてしまうため、これまでのゾンビ作品と比較しても酷く迫力がない。
終盤、室内にいるゾンビを単体で見せているため、クライマックスに近付くほど地味になっていくって、なんだこれ。
最後まで個体としてインパクトのあるゾンビがいなかった。
そもそもゾンビのような感染者である必要がない。
暴徒化した群衆を描いた、ただのパニック作品。
タグ:★2
posted by Hiroaki at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワ行

2013年12月15日

ワイルド・スピード EURO MISSION

ワイルド・スピード EURO MISSION [DVD]

★★★☆☆3.5
南米で落ち着いた生活をしていたドミニク。
ブライアンには子供が産まれ、ミアと穏やかな生活をしていた。
そこに宿敵である特別捜査官ホブスが訪ねてきて、ある衝撃的な情報をもたらす。
それは死んだはずの恋人レティが生きているという情報だった。


シリーズを続けてきた重みか、なんというか、作品のテーマの印象とは異なり、かなり手堅い感じを受けた。
アクション、カーアクション、ドラマパート、バランス良くまとまっている気がする。
シリーズものなので、主要キャラはたっていて説明がいらないのも強みかもしれない。

ちょうど主役の1人、ポール・ウォーカーが事故で帰らぬ人となったため、序盤にあるシリーズの振り返りが追悼のように見える。
悪くないんだけど、1作目の方が楽しめた。
タグ:★3.5
posted by Hiroaki at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワ行

2012年08月13日

ワイルド・スピード MEGA MAX

ワイルド・スピード MEGA MAX [DVD]

★★★★☆
指名手配となっている元FBI捜査官の主人公とヒロインは、放浪の旅を続けていた。
あるきっかけによりまとまった金が必要になり、持ちかけられた走行中の列車から高級車を盗み出す計画に協力する。
しかし、その車は警察の押収した車両だった。
警察に執拗に追われることとなる。

なんでも車を使う。
高級車を壊しまくる。
美女と車を並べる。
清々しい程の車馬鹿映画。


↓以下ネタバレ注意!

続きを読む
タグ:★4
posted by Hiroaki at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワ行

2011年01月04日

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT [DVD]

★☆☆☆☆
うーん、厳しい…
東京が舞台ではあるが、久々のとんでも日本。
とにかく粗く、真面目に作る気があるのかと、ツッコミ満載の作品。
まず、主人公や仲間が老けすぎて、全く高校生には見えない。
そして、外人だらけで、あまりにも多国籍過ぎる高校。
昼食が懐石料理のような、創作料理。
肝心の車まわりも雑で、日本では見たことないナンバープレート。
高そうな改造車を乗り回し、壊しまくる学生なんか日本のどこにいるのか?!
…これは真剣に観ては馬鹿をみる。

最初に気になったのは、主要人物の日本人役に思いっきり韓国人使っていること。
酷い片言の日本語が聞きとれない。
日本人が欧米人を見分けられないと同じように、向こうの人はアジア人が見分けられないんだなぁと再確認できた。

今作のカーレースシーンは、ドリフトメインで何だか盛り上がりに欠ける…残念。

ただ渋谷に見せかけたセットを組むマネーパワーは凄い。
タグ:★1
posted by Hiroaki at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワ行

2010年03月26日

ワイルド・スピードMAX

ワイルド・スピードMAX [DVD]

★★☆☆☆
1作目の登場人物達が再結集し、原点回帰したストーリー。
うーん、パッと見で…みんな歳とったなぁー!
スゲー寂しい。

みんないい歳過ぎて、それでも1作目と同様に改造車にはまっている役は、情けなささえ感じられてしまうな。
やっぱり若くないと、改造車ぶっとばしているのは無理あるよなぁ。
やっぱりどこか落ち着いちゃってるもの、立ち振る舞いがさ。
1作目好きだったんだけど、時間は残酷だ。
あれだけにじみ出ていたヴィン・ディーゼルのカリスマ性も、どこか薄れ、ただのいいガタイのオジチャンに。とにかくシャープさがなくなってしまっている。まるくなったなぁ。
ストーリーは可も不可もなく、まあこれ位だろうなと。しかしまぁ、思ったより車が目立っていなかった。
そんなんで、1作目が好きだという記憶さえも怪しく思えてきた。
やっぱり美化しちゃってるのかなぁ。
タグ:★2
posted by Hiroaki at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワ行

2009年11月06日

ワルキューレ

ワルキューレ プレミアム・エディション [DVD]

★★★☆☆
トム・クルーズ主演、第二次世界大戦時代のドイツが舞台の実話ベースの作品。

なるほど、この時代のドイツ軍全体がヒトラーを支持していたわけでは無かったのね…
考えてみると当たり前かもしれないがちょっと意外だった。
皆熱狂的に支持し、戦争を突き進んでいるイメージを持っていたかも。

内容は、軍の一部の派閥が、戦争を続ける中で疲弊していくドイツ国家を思うがため、ヒトラーの暗殺計画するストーリー。
ヒトラーは拳銃で自殺したといわれているので、確か序盤に実話と断ってしまうと、最初から計画が失敗することがバレバレなため、全くハラハラせず、盛り上がりに欠ける。
計画自体も、同じトム・クルーズ主演のミッション・インポッシブルシリーズのような、派手で無茶な作戦とは違い…地味…
ハラハラする場面は、計画を実行し、早足で逃げる場面かなぁ…
地味だ!

予告CMで見た、トムの眼帯はバックストーリーや、何か仕掛けがあるわけではなく、まんま戦闘での負傷だった。うーん、見た目のインパクトだけなのね。

元々実際のこの人物を知っていた方や、軍内部でそれぞれの思惑が行き交い、根回し忙しい!っていう状況を興味深いと感じる方はどうぞ。
タグ:★3
posted by Hiroaki at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワ行

2009年09月04日

ワイルド・バレット

ワイルド・バレット スペシャル・プライス [DVD]

★★★☆☆3.5
何か人物設定に難ありすぎ!
凄い無理矢理感がある。
ネタばらしで、取って付けたような設定が急に飛び出すので納得できないなぁ。
そんな素振り無かったでしょ!全く…何を考えたストーリーなのかと。


↓以外ネタバレ注意!!
↓以外スカーフェイスのネタバレ注意!!

続きを読む
タグ:★3.5
posted by Hiroaki at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワ行

2008年08月24日

笑いの大学

笑の大学 スペシャル・エディション [DVD]

★★★★☆
舞台は昭和初期、浅草で小さな劇団付きの喜劇脚本家と検閲官の話。

期待していたよりかは、普通位の面白さだったかな…
登場人物も少ない、場面展開もほとんどない、そんな内容にも関わらず楽しめたのは役者の力か。
役所広司はもちろん、稲垣吾郎も良くて、二人とも違和感なくストーリーにのめり込めた。

ポスターのレトロ感など昭和の雰囲気が良い。
しかし、「一日目」などの場面の表示が、テロップではなく紙に印刷されたものを使っているのだが、凄くプリンター臭くって気になる!安っぽい!
こんなんなら素直にベタなゴシック体のテロップの方がまし!
何とかならなかったの…ホントに。
他のポスターがなかなか良く作られている中、NISフォントらしき、カスレや線の揺れが全くないきれいなレトロ書体…安い!浮いてる!!台無し!
何を考えているのやら…
時代背景のせいだが、最後の終わりが好きじゃないなぁ。
完成させて欲しかったな。

小松政夫、全く解らんかったよ。
只者じゃないとは思ったが、まさか小松政夫だとは!なが〜い目で見てください。
タグ:★4
posted by Hiroaki at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワ行

2004年08月08日

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ [DVD]

★★☆☆☆
2枚組で、とっても長かったです。
うーん、山がないような...しんどかったです。
主人公が年を取っていく話って、あんまり好きじゃないみたいです。
見終わって寂しい気持ちになっちゃうからなぁ。
タグ:★2
posted by Hiroaki at 07:02 | TrackBack(0) | ワ行

2004年05月22日

ワイルド・スピード × 2

ワイルド・スピード×2 【プレミアム・ベスト・コレクション】 [DVD]

★★☆☆☆
ワイルドスピードが面白かったので、期待して見ましたが...
ヴィン・ディーゼルが出ないし、監督も違うし、
ゼロヨンみたいなのから普通のレースになってるし、
前作では気づかなかった主人公の華のなさに気づいたり...
終盤はもう車なんてオマケになってたし。
クルーザーにジャンプして突っ込むところ、瓦礫がとっても
嘘くさく飛んできて、コントみたい...
真っ黒になって眉毛つながって出てきても合うなぁ(^-^;)
そのくらいコントっぽい。
タグ:★2
posted by Hiroaki at 13:46 | TrackBack(0) | ワ行

2004年05月19日

ワイルド・スピード

ワイルド・スピード [DVD]

★★★★☆
日本車がいっぱい出てきて、かっこいーって。
スープラかっこいい。
車詳しくない僕が面白かったですよ。
ヴィン・ディーゼルの存在感が良かった。
最初のレースの映像処理がスピードを再現できてて、面白い効果。
主人公の正体は一体??みたいたちょっとした謎もあり、
車がかっこ良くて、分かりやすくて。
タグ:★4
posted by Hiroaki at 14:05 | TrackBack(0) | ワ行

2004年04月24日

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ/天地大乱



★★★☆☆
タイトル分かりにくいんですよね。
前作の方が好きでした。
アクションは凄いです。
タグ:★3
posted by Hiroaki at 15:55 | TrackBack(0) | ワ行

2004年04月17日

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ/天地黎明



★★★★☆
面白かったですよ。
最後の対決もいい感じ。
タグ:★4
posted by Hiroaki at 16:10 | TrackBack(0) | ワ行