2017年03月12日

トランスポーター イグニション

トランスポーター イグニション [DVD]

★☆☆☆☆
ジェイソン・ステイサム主演オリジナル版からそうではあったのだが、本作もトランスポーター感ーー運び屋としてのエピソードーーは短く、タイトル詐欺は改善されていない様子。
運び屋なのに車がメインではなく、移動手段としてだけ使うというのは、これ、よくあるアクション作品。
なんの売りもない。

リブートとなる本作の主人公フランクには、オリジナル版主人公であるジェイソン・ステイサムが持っていた「そこにいるだけで何か強そうオーラ」がない。
そのため、その場で見つけた変わった道具を使って闘う変わり種アクション感がより強調されてしまっている。
悪いが……主役の魅力が薄れた分だけ作品全体的なオーラもなくなり、ワンランク下がったような残念さが滲み出ている。

それにしても……本作を見たところ制作者側からするとトランスポーターシリーズって、変わったアイテムを使うアクションシリーズという位置付けなの?
それでいいの?
色物格闘アクションでいいの?
タグ:★1
posted by Hiroaki at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タ行

ゴーストバスターズ

ゴーストバスターズ コレクターズ・エディション [SPE BEST] [DVD]

★★★☆☆
リメイク版鑑賞後、改めてオリジナルを鑑賞。

もっとコメディ寄りの作品と思い違いをしていた。
なぜなんだろう。
どこかキャッチーさを感じさせる作品全体の雰囲気から、そう思っていたのかも。

リメイク版とは違い、思っていたより皆真面目にゴースト退治に奔走し、ストーリーとして成り立たせていた。
タグ:★3
posted by Hiroaki at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カ行

2017年03月11日

アサシン クリード

アサシン クリード 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]

★☆☆☆☆
ゲームを映画化した作品。


劇場でワザワザ鑑賞しておいて、有るまじきことかもしれないが、はっきりいって訳が分からなかった。
根本的な要因である、なぜ騎士団とアサシン教団が対立しなければならないのかさえ、はっきりいって訳がわからなかった。

現代の特殊な秘密?の施設で大掛かりな機器と設備を使い、主人公に中世イタリアの歴史をバーチャルに体験させる。
その仕掛けとストーリーが、やけに回りくどく感じる。
現代なの?中世なの?どちらを見せたいの?
なぜこんなどっちつかずな設定にしたのか?
中世イタリアで激しいアクションシーンを見せて、こちらのテンションが上がってきても、なぜか時折思い出したように、現代のマイケル・ファスペンダーのひとりパントマイムのようなエア戦闘を見せるので、ああこれはバーチャルだしなと思い出させ、集中力をゼロにさせる狙いが理解できない。

それに激しいアクションも、またパルクールかと、ちょっと食傷気味感がある。
凄いのは分かるんだけど、様々な作品で見せられているため、目新しさが皆無。
ゲーム原作だからこそ、常識にとらわれない、なにか新しい表現を開発して欲しかった。
タグ:★1
posted by Hiroaki at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ア行

2017年03月08日

13時間ベンガジの秘密の兵士

13時間 ベンガジの秘密の兵士 [DVD]

★★★☆☆3.5
2012年リビアで発生した、アメリカ領事館襲撃事件を映画化した作品。


アメリカ側からの視点のみなのでリアルなのだが、攻撃してきた群衆はなぜこのような攻撃を重ねるのか、一切目的が示されていないことが得体の知れない怖さになっている。
世界情勢に詳しければ分かるのだろうか。

敵味方さっぱり見分けがつかないわ、よく分からない軽装の群衆から攻撃が止まないわで、緊張感が半端ない。
誰も助けにはこないし、装備が勝っていても、このように数で責められると怖い。
これが実話だということが、本当に恐ろしい。

それと本作はマイケル・ベイ監督。
お馴染みトランスフォーマーでは、内容の薄さに信用ならない監督という位置だったけど、本作は骨太でいい感じ。
こんなん撮れるんだと驚き。
劇場未公開作品みたいだけど、鑑賞後の満足度は悪くない。
勿体無い。
タグ:★3.5
posted by Hiroaki at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 数字

2017年03月07日

ワイルドなスピード! AHO MISSION

ワイルドなスピード! AHO MISSION [DVD]

★☆☆☆☆
タイトルはくだらなくて、実はなんか好き。
ワイルドスピードのパロディ作品。
改造車レース、仲間意識、車を使った犯罪計画などのいち要素のパロディではなく、ワイルドスピードそのものストレートなパロディ。

まあ、なんというか、ストーリーで特に言うことはない。
ベタ過ぎて、残念ながらコメディとしては笑えるシーンはなかった。

それにしても……
走り屋のボスが、顔、身体つきが、カリスマ兄貴ヴィン・ディーゼルに少し似ていて、なんか腹立つ。
ふと似てて腹立つ。
タグ:★1
posted by Hiroaki at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワ行

2017年03月05日

アドレナリン2 ハイ・ボルテージ

アドレナリン2 ハイ・ボルテージ コレクターズ・エディション [DVD]

★★☆☆☆
前作は一切覚えてない……

鑑賞者は主人公の行動が理解できないし、劇中主人公も周りの状況をきちんと理解しているようには見えないという、みな理解できてないようなフワフワした感じ。

まあ本作も想像通り、勢いで始まり、勢いで終わる、勢いだけの作品。
タグ:★2
posted by Hiroaki at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ア行

バイオハザードV:リトリビューション

バイオハザードV リトリビューション [SPE BEST] [DVD]

★★★☆☆
前作のラストで海上のタンカーような大型船の上で、大軍との闘いに挑んでいたアリス。
気付くと、アンブレラ社と思われる密室で目覚める。
突如起こる警備システムのエラーにより、密室からの脱出に成功する。


東京、ニューヨーク、モスクワ、世界各都市を模したというアンブレラ社実験施設内のハリボテ都市での戦いが多いため、現実味がないゲーム的な印象が強く、作品の舞台として安っぽさは否めない。

それにしても、初っ端のオープニングからいきなりの逆回しスローモーション演出や、終盤で唐突に敵からのダメージをスケルトン的な表現で見せるなど、実験的な映像演出もやはり安っぽさに繋がるんだよなあ。

それって言ってみれば、本シリーズの相変わらずの安っぽさではあるが……
少なくとも最後までは観れたので、前作までのシリーズよりストーリー展開や盛り上がりは余程マシかもしれないと感じることも……
あ、ここまで安っぽさが続くと、逆に安っぽさが特徴といえるシリーズなのかもしれない。

色々書いたが、まあ面白いかといえば、普通。
面白くはない。
タグ:★3
posted by Hiroaki at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行

パトリオット・ゲーム

パトリオット・ゲーム [DVD]

★★☆☆☆
ロンドンに滞在中、 たまたまテロリストの襲撃からイギリス王族を救ったジャック・ライアン。
その時、テロリストの弟を射殺したため、テロリストメンバーである兄の逆恨みをかってしまう。


テロの計画もそっちのけで、ずっとライアンを付け狙う逆恨み兄が、しつこすぎる。
そればっかり。
映画のスケールも、それに引っ張られ、こじんまりとした印象に。
テロリストの大きな陰謀を阻止したという感じではなく、ちょっとした事件を題材にしたサブエピソードといった小さくまとまった印象のストーリーになってしまっていた。
タグ:★2
posted by Hiroaki at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行

2017年03月04日

ゴーストバスターズ(2016年)

ゴーストバスターズ [SPE BEST] [DVD]

★☆☆☆☆
言わずと知れた有名作品のリメイク。
なぜか主人公メンバーを、全員女性化したという意図が見えない作品。


主人公達のキャラクター性、ストーリー展開、敵の目的、ゴーストのインパクト・愛嬌、全てリメイク前の作品から劣化させるという、誰得驚異のリメイク。

特に主人公達のキャラクターが、見てられない。
リメイク前から、なぜここまで魅力を削ぎ落とすのか、意味が分からない。
全く面白くないのにしつこく繰り返す、くだらない言い合い、些細なあげ足取り、下ネタという賢くない言動と、終始おふざけ態度で、真面目にことを解決しようとする姿勢が全く見られない、共感度ゼロの最低なキャラクター達。

そんな設定以外の、映画の作りとして編集が最悪。
シーンがうまく繋がってない。
観ていて馬鹿らしくなってくる。
これを観ている、自分自身が許せなくなるような感じさえある。
タグ:★1
posted by Hiroaki at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カ行

2017年02月19日

レイジング・ブル

レイジング・ブル [DVD]

★★☆☆☆
実在のボクサー、ジェイク・ラモッタの半生を描いた作品。


パッケージやストーリーに全く興味を惹かれなかったが、名作との評判を見て試しに鑑賞してみたが、名作との評価が分からなかった。
本当に分からない。
分からないので何も言いようがない……

主人公の性格、人生、ボクシングシーン、どれも私には響かなく、退屈してしまった。
タグ:★2
posted by Hiroaki at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラ行